バンコク 移住

タイ移住後に私が後悔した事

タイ移住後に私が後悔した事

タイに移住する人たちは誰もがタイでの楽しい移住生活を夢見てやってくるのではないでしょうか。タイでの起業の成功やリタイア後の楽しい生活など目的は様々ですが、全ての人が楽しく生活を送っているかというとそうではありません。その中には移住に失敗して後悔している人たちもいます。何故その人たちは移住に失敗して後悔しているのでしょうか。

起業での後悔

タイ移住後に私が後悔した事

海外で起業することは国内以上に難しい所が多くあります。タイでの起業の多くは飲食業ですが、少ないシェアの中で出店ラッシュが続き大手のチェーン店でも経営がままならない状態ですので、その中で個人経営のお店で成功するのは並大抵のことではありません。

では、どのような所に問題があったのでしょうか。

 

・計画通りにいかない収支計画

飲食店を開業した時の主な顧客は日本人と中間層以上のタイ人になりますが、そのエリアには同様の業態の店が既に出店して、後発組はよほど差別化をしないと顧客の取り込みができない。

・資金の不足

開店当初は日本で蓄えた資金を投入する場合、想定以上のタイの物価や人件費高と為替の読み違えによって資金が底をつく。

・タイ人スタッフの管理の難しさ

日本人とタイ人では労働や企業へのロイヤリティ対する価値観が大きく異なります。日本人なら細かいことまで指示をしなくても積極的に理解をしようとする人たちが多いですが、タイ人はそのようにはいきませんので一方的に指示するのではなく細かいコミュニケーションが必要です。

 

このような事が主な要因ですが、もちろん長年営業をしているお店もたくさんあります。店

舗を構えて営業しますので、新規顧客を獲得するために発信していくことは難しいですが、

そのようなお店は上手なSNSの活用や、デリバリーサービスを取り入れるなどをして他

店との差別化を図りお店の特徴を出して顧客を引き付けています。

他の業種も同様ですが、起業する時にはサポート会社の情報だけに頼らずご自身で現状を

見極めて、何処に強みを見出して競合する中で勝ち抜いていくのかしっかりとした指針を

持って経営して行くのが成功する秘訣です。

 

リタイア後の後悔

 

会社を定年退職や事業を引退してタイで第二の人生を楽しく送ろうとする人たちもたくさ

んいます。タイで働くわけではありませんので比較的気楽に来ることができ、趣味や旅行

等をしながらのんびり海外生活を楽しもうとしているのではないでしょうか。

しかし、全員がタイでの生活を謳歌しているわけではなく移住したことを後悔する人たち

もいます。

 

・想定以上の生活費

日本のSNSではタイは物価が安いと報じられている記事を見かけることがありますが、

タイの物価の上昇率は日本の比ではありません。まして、首都バンコクで暮らして、日本食

ばかり食べていますと日本と生活費はそれほど変わりません。多くのタイの人たちの所得

は日本の半分以下ですが、それで暮らしていけるのはタイで生まれ育ったからで外国人が

同じ生活をするのはかなり無理があり、切り詰めた生活をしていては楽しくないですし何

のために移住したのかもわかりません。もう一つは為替の変動でバーツ高が続いて以前の

ように円高の恩恵を受けられませんのでその分生活費を切り詰めなければなりません。

また、タイの医療費は高額で外国人は国民健康保険に加入することも難しいので、保険会社

の医療保険に加入することになりますが年々保険料も増えていきますので先々の費用負担

が増えて生活費に大きな影響を及ぼします。

このように、移住する際には物価の上昇、為替リスク、医療費などを長期的に考えて、ご自

身の収入にあった無理のない計画をたてれば突然の出費があってもそれほど生活に影響の

ない暮らしができます。

 

タイ社会に馴染めない

 

何事にも大らかなタイ人の気質は厳格な日本人には合わない場合があります。タイは自給

自足ができる国でのんびりと過ごしてきた人たちと、資源に乏しく常に前を見続けていか

ないと生きていけない日本とでは国民性が大きく異なります。細かいことは気にせずマイ

ペンライ「大丈夫」で済ませて時間にもルーズなことがあったりしますと、日本人と比較し

てタイ人の嫌な面ばかり見えてしまい生活を続けていくのにストレスを感じるようになり

ます。しかし、移住を決めた時に多くの人はタイののんびりとした生活にあこがれて来たの

ではないでしょうか。生活してみたら想像していた暮らしと全く違うということもあるか

も知れませんが、日本にいても完璧に満足できる生活をできている人は少ないと思います。

移住をする時にはタイの言語や風習、文化などを調べて実現できるかを判断すると移住の

後に後悔することが少ないのではないでしょうか。

 

移住する前にはSNSの情報を信じるのではなく数カ月希望する土地に住んで、ご自身で

実態を知ったうえで判断すれば短期間とはいえ、生活費やタイ人の気質が少しは分るはず

です。そのような準備をして移住すれば失敗して後悔することがなくなるのではないでしょうか。