バンコク 移住

バンコクの移住は計画性が重要になる!ありがちな移住失敗の理由

バンコクは日本人の移住者が多く、移住のハードルも低くなっています。しかし、事前の計画性が不足することで帰国せざるを得なくなる場合や、住居などのトラブルで思わぬ出費を強いられるケースもあります。誰にでも快適な環境とはいえないからこそ事前の確認が必要で、必要なお金を使う意識も重要になるのです。

・就労先の確保や継続収入などの維持は必須になる

バンコク移住失敗の理由の一つになるのが、就労や収入面での失敗です。就労ビザを獲得して移住するのであれば、就労先の確保は必須で、経営が安定しているかも大切になります。解雇や倒産など仕事を失えばバンコクに住み続けることが難しくなり、帰国をせざるを得ない場合がでてくるのです。
年金収入で暮らす場合も注意が必要です。特に為替のレートの影響は大きく、年金収入に余裕がなければビザの発行や継続の水準を下回る可能性もでてきます。急な為替のレートの変動に備え、副収入を確保するなど自衛の意識が大切になることもあるのです。

・法律上の手続きに漏れがあるとトラブルになる

バンコクに移住する場合は、定期的にタイの入国管理局に情報更新に訪れる必要があります。これは住居情報を申請しないと不法な居住とみなされる恐れがあり、罰金の対象となることもありえるからです。手続きが遅れればパスポートに傷がつき、移住用のビザ更新が滞る恐れがあります。ネットでの更新も可能になっているため、事前に情報を確認してしっかりと対処するのがおすすめです。
ビザの有効期限などのチェックも重要で、タイのルールに従わなければならないのです。

・住居のトラブルにも注意が必要

タイの賃貸契約は貸主を保護する仕組みがしっかりと出来上がっています。日本と違って貸主優位になっているため、契約途中で解約をしようとすると違約金がかかるケースや、本来返ってくるはずのデポジットが返ってこないということもありえます。デポジットは日本の敷金に当たるもので、部屋に大きな傷を残すなどトラブルがなければ帰ってくるものです。しかし、難癖をつけて返さない貸主なども存在し、トラブルになることもあるのです。
日本の常識が通じないことを理解し、仲介役がしっかりしている不動産会社を頼るなど自衛の意識も大切になります。格安にこだわった結果、自分でトラブルの対処が必要になり、対処しきれずにお金を失ってしまう人もいるのです。

・移住失敗の理由は無計画さや無知によるところが大きい

バンコク移住失敗の理由は、事前の計画性の無さや国による習慣や法律の違いを無視して起こるケースがほとんどです。事前に調べて自衛する意識は大切で、法律を守らなければ自分が弱い立場に追い込まれるからです。特にお金や仕事、住居に関しては力を入れた方が良い部分で、それ以外の事は目をつむれるということも多いのです。