バンコク 移住

バンコク移住で最も重要なのは住まい選び?!厳選が必要になる理由とは

バンコクに移住する際に最も重要な要素になるのが住まい選びです。ビザの取得ももちろん重要ですが、住む場所を間違えると経済的な負担が大きくなり生活が成りたたなくなる恐れもあります。タイの賃貸契約は日本の契約と大きく異なる点が多く、トラブルを避ける工夫も必要になるのです。

・日本の不動産業者の紹介物件は安全だが家賃が高い

バンコク移住を考える際にわかりやすく、安全な物件を紹介してくれるのが日本の不動産業者です。バンコクは日本からの移住者が多く、仕事だけでなく悠々自適な老後を求めて移住する人が珍しくないのが特徴です。そのため、セキュリティに優れた高級物件の紹介をしてくれる不動産業者が存在し、人気になっています。
注意したいのが高級物件中心の紹介になり、どうしても家賃が高くなってしまう点です。契約トラブルなど万が一の対応を任せられるのは大きな魅力ですが、経済的な負担が大きく移住のハードルがあがってしまう場合があるのです。日本よりも安いといっても家賃負担が大きくなるため、負担に耐えられるかは考える必要があります。

・住まいの情報サイトなどをチェックするのがおすすめ

おすすめなのが、日本の不動産業者だけでなくバンコク移住希望者向けの不動産情報サイトをチェックすることです。現地不動産業者や、不動産オーナーからの直接紹介物件の情報も手には入るため、家賃の比較も含めた選択肢が大幅に広がります。格安のアパートなどもチェックできるため移住を考えるのであれば、まずはどの程度の水準の家賃相場になるのか最新の情報を手に入れた方がいいのです。

・契約習慣を知った上で現地で確認するのが安全

バンコクに移住する場合は、多くのコンドミニアムやアパートが1年単位の契約になることを知っておく必要があります。1泊のみの宿泊や連泊が出来るホテルやコンドミニアムがある一方、長期契約になると1年契約が主流になるのです。契約が切れる前に解約しようとすると解約金として事前に収めたデポジットが没収されることになります。
また、バンコクに限らず、タイの賃貸物件は新築であっても台所や洗面所、シャワーといった水周りのトラブルが頻出します。エアコンの不良なども珍しくないため、ある程度自分で対処するか、積極的にオーナーなどに問い合わせる行動力が必要になるのです。可能であれば現地に連泊して一度でも物件を確認した方が良く、長期契約してから失敗したと思わないためのポイントになってくるのです。

・住まいは自分の目で確認した方が安全

バンコクに移住するのであれば、住まいを自分の目でチェックし安全な場所かを確認することは大切になります。日本のように不動産会社任せではトラブルになるケースもあり、家賃を安くしようとすればよりトラブルにあいやすくなります。移住するとなればちょっとした家賃の差も負担の大きさに直結するため、現地で確認して厳選する意識も大切になってくるのです。
ホテルやコンドミニアムに滞在をして現地で住まいを探し、それから移住を決める人もいるほどなのです。