バンコク 移住

バンコク移住のビザ発行は意外とハードルが低い?節税目的で移住する人も

バンコクに移住するためのビザの発行は、現地で働く人だけのものではないのがポイントになります。条件付とはなるものの年金生活者やセミリタイア層向けのビザの発行が可能で、50歳を超えるようであれば移住のハードルが大幅に下がるのです。税率も低めのことから収入が多いならバンコクに移住した方が節税になるケースもあるのです。

・バンコクのビザは就労目的以外の物も豊富

タイのビザは観光や就労目的のものだけでなく、年金生活者やセミリタイア層向けのビザも用意されているのが特徴です。年金収入が一定金額に達していることや、タイの銀行に一定以上の預金があることが条件になりますが、50歳以上であれば海外移住のハードルが一気に下がります。タイの企業で働いている場合や、教師として物を教えに行くなどの目的がなくても、生活目的でビザが発行できる場合があるのです。

・節税目的で利用することも可能?

タイで個人が支払う必要がある税金は所得税になりますが、日本よりも税率が低くなる場合があります。海外移住のためのハードルが低いため節税目的で移住をするのも方法で、多額の収入がある場合はビザを取得してタイで暮らすというのも視野に入る場合があるのです。年齢などの諸条件を満たしている場合だけでなく、場合によっては現地法人を立ち上げて経営者として就労するといった選択も生まれてきます。
課税の上限が日本よりも低いため、国を問わずに収入を上げられる仕組みで収益を挙げている場合はバンコクで働きながら暮らすという選択肢もありえるのです。日本よりも人件費が安く、家賃や食費といった生活費も安いのも魅力になっています。

・働かなくても移住が可能なビザが発行できるのは大きな魅力

バンコク移住のためのビザは、年齢や収入、預金などの規定を満たせば発行が可能です。結婚や就労以外のビザ取得が厳しい国も珍しくない中、年金生活のためにビザを取得するという選択が出来る数少ない国の一つになっています。日本から近く、交通の便が良いことも魅力で、経済的な負担を抑えながら生活することも可能です。
プールつきの集合マンションでメイドを雇って家事を任せつつ、遊んで暮らすといったことも可能になります。インターネットも普及しているため、年金生活をしながらネット経由でビジネスをしたり、セミリタイアしながら資産運用で生活するという選択肢も意外と現実的になのです。